HOME > 特殊工作

 

特殊工作

復讐 債権回収工作
ファイナンシャル特殊工作とは?

 

弊社の独自の工作手法、ファイナンシャル債特殊工作とは、言葉通り財政上、会計上、金銭上、金融上等を絡めた特殊工作を言います。
 
この工作の強みは、
 
ターゲットが20代以上の男女で反社組織の構成員などでない限り、財産の有無、職業、年収、支払い能力、債務状況などを一切無視して対象に負債を負わせるという形式で対象から金銭を(回収、詐取、慰謝料)として得れるという点です。
 
例えば、
 
騙された金銭を回収をしたいが法的に効力のある証拠も少なく真っ当な方法で回収が困難な場合
 
今までDV、虐め、裏切りなどで受けてきた苦痛に対する慰謝料を取りたいが、弁護士に相談しても慰謝料として取れる事は皆無で取れてもたかが知れている上、裁判もしなければならない場合
 
など、上記の様な状況の場合に、資金調達のプロ、金融関係者などの人材を駆使して、ファイナンシャル工作を適用する事で、復讐として実質相手に負債を負わす形で、その負債を負った金額を依頼主側の被害金の回収若しくは慰謝料に当てる事が可能です。
 
負債者となるターゲットは依頼者がファイナンシャル工作を依頼したことすら知られずに、気づかぬ間に(負債)という罠に嵌り、負債を負わざるおえない状況になり、たあーゲットは一生掛けても返済の義務に追われ、そのお金は裏では依頼主の手に渡っているというシナリオであります。
 
負債を負わせられる額は、500万~ケースによっては1億円規模までも事例がございます。

 
依頼者は一人の個人の方から、規模がでかくなると数名で協力してのご依頼される方、または企業様からのご依頼と様々です。
 
当然、いくら無条件でとはいってもそれは負債を負わすことにフォーカスしてのものですので、ターゲットの条件も何点かありすべての人間が対象となる訳ではありません。
 
ですので、この工作に関する受注の可否や費用や詳細は直接お問い合わせください。
 
 
 
 

親権の変更 はく奪
親権剥奪工作 

親権を争う場合、または既に親権が相手側にある場合の親権の変更の申し立てをする場合の最終判断は裁判所になります。
 

親権剥奪工作とはあらゆる場面でも可能ですが、離婚前、離婚後の親権変更の申し立てなど、親権が【片方にわたっている】、【親権を取られそう】、【親権を得るのは向こうが有利だ】という状況から、工作を介し、養育や育児に適応ではない、そぐわない環境を作っていき親権剥奪する工作であります。
 
家裁、家事調停官などの親権や変更を決める判断基準は【子供の福祉】です。
 
かんたんに言いますとどちらと暮らした方が幸せか、育児にいいかなどが判断されます。
 
本来、離婚調停中はともかく、一度決まった親権を変更することは困難です。
 
ですが、家事調停官などが育児としてそぐわないという判断をしなければならない環境づくりをしていくことで、かなりの実現性が出てきます。
 
工作により生活環境の悪化、財産トラブルや何らかのトラブルが原因による莫大な負債、失業、反社との癒着などそのような環境へ陥れ、いくつもの証拠として残していき。親権剥奪を確実なものにしていきます。
 
費用や詳細はお問い合わせください。
 
詳しくはこちらこちらのブログにも記事として書いておりますのでご参考にしてください。
 

 

復讐代行
信用工作

 

信用工作では、自身、または他人、企業や団体の信用、など対象のポジティブイメージを作っていく工作です。企業へのPR、信頼回復、復縁を狙う、結婚縁談、商談取引など用途は様々です。
 

アリバイ工作
アリバイ工作

 
浮気の隠ぺいによるアリバイや自身に関わるアリバイ工作、お金の流れのアリバイ工作、また他人のアリバイと他人のアリバイを事実と異なるものにしてしまう工作。アリバイ工作は多種多様です。詳しくはお問い合わせください。
 
 

策略工作
策略

 
ターゲットに関する、情報や機密情報の事実と異なる情報を流したり、表に出ないターゲットの裏の情報を公にリークしたりする工作です。
 

 
特殊工作
その他特殊工作

 
特殊工作による弊店で対応できるものであれば、あらゆる手段を使って対応させていただきます。まずはお問い合わせください。