HOME > 工作事例 > 復讐負債工作事例

 

復讐負債工作事例

負債させる
復讐負債工作事例

 
 
負債とは言葉通り、金銭的な損失を意味します。
 
復讐相手に対し、あらゆる工作を仕掛け結果的に負債を負わせる工作を言います。
 
負債といっても様々ですが、一般的なものですと、銀行や消費者金融、時にはノンバンクや闇金融などからの借金です。
 
とはいっても何も【理由なく】借金を負わすことはできません。
 
その【理由】を作り、借金をしざる負えない状況を作っていくのが負債工作です。
 
また借金だけではなく損害や損失も意味します。
 
所有の財産の損失や企業の売り上げの損失です。
 
財産とはお金は勿論のこと、不動産や車なども差します。
 
借金地獄

 
金銭的損失というものは人の心の豊かさを奪うものであり、特にセレブやお金に執着してる人に対しては復讐として絶大なダメージを与えることができます。
 
肝心な負債工作の手法ですが、工作手法も千差万別で復讐相手の状況に見合った工作構成を構成していきます。
 
工作により何らかのトラブルを作ってその要因で借金をしざる負えない状況を作る、信用工作を企て投資話やビジネス話を持ち掛け借金や投資をさせる、時には相手次第では特例で詐取や横領も企てます。
 
ある企業社長へ対し復讐を請け負った際の負債工作の事例ですが、
 
当人が原因で依頼者に対する損害が莫大だったため、環境づくりを施したペーパーカンパニーを用意し、信用工作を企てそのペーパーカンパニーの社会的信用度を向上させたうえで、その復讐相手へ取引を持ち掛け、幾度か信用を作っていきます。信用が出来上がった時点で好条件の取引を持ち掛け支払いは後日という条件を承諾させ、後にそのペーパーカンパニーを消滅させます。こちらは所謂、取り込み・・というものになりますが、これが負債工作になります。