HOME > 工作事例 > 傷害復讐工作事例

 

傷害復讐工作事例

傷害復讐工作
傷害復讐工作事例

 
「傷害」と聞くと人を殴ったり傷つけたりと全般的な暴力的なイメージがわくと思いますが、確かに傷害工作でも相手にケガを負わせたり、事故を装ったりは致しますが、そういった依頼は一握りです。というよりは、実現性の問題で弊社からお断りすることの方が多いかもしれません。
 
復讐代行工作というものは、あくまで 工作であり、 隠密にやるのが工作なわけで、大きな事故や事件になってしまえば工作自体の本質を問われてしまいます。
 
では、復讐代行工作の傷害工作って何?ってことになりますが、それは主に精神的な傷害ということになります。
 
所謂、精神的苦痛というものを【工作】で作り上げ、その苦痛により最終的に精神疾患を患わす工作になります。
 
精神疾患は様々ですが、うつ病やパニック障害、不安症、対人恐怖症や精神崩壊などです。
 
これらの精神疾患をピンポイントで意図的に患わすというのは、人間がやるには神業の領域になってきますが、人間心理に長けた人材を工作に組み込み、そのターゲットにどの様な、出来事や事件トラブルが起きればどの様な感情になっていくのか分析しながら、その人物に適した工作構成を行っていきます。
 
精神的苦痛

 
孤独などからくる寂しさ、トラブルによる不安や恐怖、裏切りによる人間関係による失望や悲しみ、財産や人的な損失による絶望によりストレスを与え相手の精神状況を不安定にさせ、更にそこに友好的な工作を組み込むことで、傷害工作を成り立たせていきます。
 
ある男性ターゲットに対する復讐での事例。
 
※プライバシー保護のため復讐の意図は控えさせていただきます。
 
復讐依頼を請け負い、そのターゲットの事前調査を終え、人間プロファイリングを行いどの様な人物像なのかを把握しました。
 
この男性の場合は、口下手、顔にコンプレックスを持っている、嫉妬深く、人間関係を大切にし、人目を凄く気にする、といった面が出てきました。
 
まず
 
【人目を気にする】という心理ですが、これは他人によく見られたいという心理が働いてるとこから来ており、そうでもないのに常に人に見られているという思い込みをしています。それに付け加え消極的な性格です。
 
ですが、その分 【嫉妬深い】という面があり、この心理は思い込みが激しく、自分と周りを比較し、優越感を味わいたい願望があり、基本自己中心的な人間です。
 
この点にフォーカスし、その心理に基づいた友好的な工作構成を行っていきました。
 
まず、【思い込みが激しい】という部分を利用し工作を仕掛け、交際中の女性に対しての疑心を生み出し嫉妬心を上昇させ、女性にその男性への感情を下げ最終的には【寝取り】という形で【裏切り】をさせその男性から引き離します。この時点で、おそらく絶望と孤独、という感情が生まれ、そこに付け加え人目を気にするという部分と顔にコンプレックスを持っている部分に有効な工作を仕掛け、男性自身の自信損失につなげました。
 
婚約も決めていた大切な女性から裏切られ、周囲からも見られる目に自信が持てなくなり、更に有効な工作追加し、結果【対人恐怖症】という精神疾患を患わせることに成功し、必然的に職も失い引きこもりに人生の奈落の底に落ちることとなりました。
 
大雑把な説明ではありますが、この様な復讐代行工作が障害工作になります。
 
上記は一例ですが、とにかく傷害工作は実現性が問われてくる業務です。
 
相手に見合った工作構成が組めるかによって受注の可否が決まります。
 
ご希望の方は一度ご相談くださいませ。